北海道鉄路の再生を考える

いま北海道の鉄道が岐路に立っています。
JR北海道は約半分の鉄路の存続が難しいと発表しました。このままでは北海道の鉄路の約半分が廃線になりそうです。
鉄路はこのままなくなってしまってもよいものなのでしょうか?
北海道の鉄路は道民の財産です。わたしたち、みずから北海道の鉄道のあり方を再検討し、存続に向けて行動すべきはないでしょうか?

A5 12頁 カラー

 


PDFで開く