小冊子 – 戦前の日本と「宮澤・レーン冤罪事件」(北海道大学名誉教授 唐渡興宣 氏講演)

内容

北大生 宮澤弘幸さんは、海軍入隊が決まっていたような立場の学生でありながら、1941年、なぜ、軍機秘密保護法によって検挙、投獄されなければならなかったのか、その、社会的背景、本質について分析した講義内容です。

 

仕様: A4版28ページ

発行日: 2017年3月25日

版価: 300円

発行者: 宮澤・レーン事件を考える会 / ビー・アンビシャス9条の会・北海道

お問い合わせ先: 090 1527 9009(奥井) 090 9087 1707(谷井)

 

冊子は2017年12月11日に行われた「1941年12月8日 北大生宮澤弘幸に何が起きたのか?-構成劇と講演のつどい-」における唐渡興宣講演「戦前の日本と『宮澤・レーン冤罪事件』」の講演録です。収録にあたっては、当日時間の関係で話せなかったことを含めて加筆していただいております。

 


好評発売中